HOME > 製品情報 > 遠心機一覧 > ラボ用冷却遠心機 3-16KL / ラボ用高速遠心機 3-16L


ラボ用冷却遠心機 3-16KL / ラボ用高速遠心機 3-16L

卓上タイプで冷却装置付きのマルチパーパス冷却遠心機(3-16KL)。
研究室に適したジャストサイズ、Model 3-18KSや3-16KLと同じロータが使え、
この1台で2、3台分の働きができる空冷タイプのマルチパーパス遠心機(3-16L)。

3-16KL 3-16L
3-16KL 3-16L
Max.15,300rpm/21,984×g

Max.14,500rpm/19,480×g

仕様 アクセサリ 仕様 アクセサリ

*この遠心機は理化学専用で、医療用向ではありません。


[ 3-16KL/3-16L ]
運転プログラムを最大50個までメモリ可能です。
サンプル・目的に応じて、加減速カーブの切り替えが可能。
10種類の加速・減速カーブを選択可能。自然減速も設定可能です。
回転終了やエラー発生をブザー音で知らせる、お知らせ機能付き。

[ 3-16KL ]
バイオシールドロータ(英国C.A.M.R認定済み)やシーリングキャップ、
シールドカバーを使用できる低速スイングロータと豊富なロータバリエーション。
マイクロチューブ用の高速アングルロータは、処理本数に応じて3種類。
中容量アングルロータは、10mLから85mLまで使えます。
5,500rpmと4,500rpmの2種類のスイングロータを用意。
すべてのバケットにはシーリングキャップ、シールドカバーが使えます。
96穴マイクロプレート用ロータも使えます。
設定ミスを防ぐロータ判別センサ付き。

[ 3-16L ]
静かな運転音で研究室の環境を乱しません。
設定ミスを防ぐロータ判別センサ付き。
ロータNo.を入力するとロータの最高回転数と回転半径をメモリから呼び出し、
最高回転数を超えて設定できません。
高度なフィードバック制御を採用し、低速でも回転数は正確です。
サンプルのアンバランスを吸収し、低振動・低騒音運転ができます。
低速スイングロータは、サンプルを目分量で合わせるだけで、遠心できます。
大きな重量差があるときは、インバランスセンサが作動し自動停止します。
チャンバは、腐食に強いステンレス製。

Model 3-16KL
最高回転数 15,300rpm
最大遠心力 21,984×g
最大処理量 1,000mL
制御方式 マイクロプロセッサ制御、メモリ50チャンネル
必要電源 AC100V、50/60Hz・15A
消費電力 1,010W
寸法 63(W)×60(D)×35.5(H)cm  *ドア開放時 78.5(H)cm
質量 78kg
冷媒 R134a


Model 3-16L
最高回転数 14,500rpm
最大遠心力 19,480×g
最大処理量 1,000mL
制御方式 マイクロプロセッサ制御、メモリ50チャンネル
必要電源 AC100V、50/60Hz・10A
消費電力 480W
寸法 46(W)×60(D)×35.5(H)cm  *ドア開放時 77(H)cm
質量 48kg
冷媒
●価格、仕様、外観などは、お断り無く変更することがありますのでご了承ください。



back


久保田商事株式会社(製造元:ドイツ・Sigma Laborzentrifugen GmbH)
Copyright (C) 2004-2014 KUBOTA CORPORATION. All rights reserved.