HOME > 製品情報 > 遠心機一覧 > マルチパーパス・マイクロ遠心機 2-16P


マルチパーパス・マイクロ遠心機 2-16P

高速アングルロータと低速スイングロータも使用可能な、
多目的空冷型遠心機。

2-16P

仕様 アクセサリ

*この遠心機は理化学専用で、医療用向ではありません。


運転プログラムを最大50個までメモリ可能です。
加速は急/緩の2種類、減速は急/緩/自然減速の3種類から選べます。
回転終了やエラー発生をブザー音で知らせる、お知らせ機能付き。
シールドロータは、チューブが破損してもサンプルはロータから外に漏れません。
ロータふたで密閉したまま持ち運びと遠心機への着脱が可能です。
高速だけでなく低速スイングロータ、プレート用スイングロータも使えます。
マイクロ最大遠心力20,627×g(15,000rpm)でマイクロチューブを24本使用できます。
アングルロータは、中容量50mLコニカル管まで6種。
高速スイングロータや、プレート用スイングロータも使用可能。
低速スイングロータは、バイオハザード用シーリングキャップが使えます。
スペースの少ない研究室に適した、コンパクトで多目的な卓上空冷型の遠心機。
幅36.5cm×奥行き45.2cmと設置面積も少ない、省スペース形。
フラッシング運転が可能。

Model 2-16P
最高回転数 15,000rpm
最大遠心力 20,627×g
最大処理量 400mL
制御方式 マイクロプロセッサ制御、メモリ50チャネル
必要電源 AC100V、50/60Hz・10A
消費電力 240W
寸法 36.5(W)×45.2(D)×30(H)cm  *ドア開放時 61(H)cm
質量 32kg
●価格、仕様、外観などは、お断り無く変更することがありますのでご了承ください。



back


久保田商事株式会社(製造元:ドイツ・Sigma Laborzentrifugen GmbH)
Copyright (C) 2004-2014 KUBOTA CORPORATION. All rights reserved.